ことっち☆にゃんこ道      (育児&ねこ日記)

2005年 12月 27日 ( 1 )

ネンネトレーニング 【8ヶ月22日】

最近は記事に書いていませんでしたが、相変わらずことっちの夜遊びは続いていました。
風邪をひく前は、夜中の授乳は大体3回で治まっていたのですが、風邪後は
5回、ひどい時は6回でした。
しかも回数だけでなく、授乳時間も1回30分~1時間とひじょーーに長い。
母は細切れ睡眠が続く日々で、正直「よく倒れないな?」と思っていました。

やはり母乳をやめるまではおっぱい合宿が続くのかな・・・と思っていた矢先、mogumogukaitoさんのブログの記事を見て、うちも『ネンネトレーニング』に挑戦しよう!と決心しました。
(mogumogukaitoさん、リンクさせてもらっちゃいました!)
『ネンネトレーニング』とは、簡単に言うと、自分で寝る力を身につけてもらうため、泣いてもしばらくそのままにしておくというもの。
(あくまで私の解釈です。ちゃんと本を読んだわけではないので、詳しくはmogumogukaitoさんのブログをご覧下さい)
d0063506_0434023.gif
思い返してみると、私はあまりことっちを泣かせないようにしてきたような気がします。
今では「泣かなくておりこうさんだよね~」とよく言われることっちですが、4ヶ月ぐらいまではそりゃ~あよく泣く子でした。
とにかく眠りが浅い子だったので、お昼寝もずっと抱っこでなければ寝てくれなかったし、夜もなかなか寝てくれませんでした。
そんな生活が続くうち、泣くとすぐ抱っこが当たり前。
結構父は泣いていてもほったらかしにしておく人なので、泣いてることっちをすぐ抱っこしてくれない父に「なんで抱っこしてあげないのよ!」と言うこともよくありました。
夜中ももちろんそうで、ちょっとぐずぐずし出したら、まだ泣いてもいないうちからすぐおっぱい。
特に寒くなってからはできれば抱っこしたくないので、ちゃんと眠りにつくまでずっとおっぱいをあげていました。

実は夜中の授乳をできるだけがんばろうと思ったきっかけに、ある本に書いてあった「夜中おっぱいを欲しがる子に対して、欲しがるだけおっぱいをあげた子と、あげなかった子では、将来前者の方が人を信頼し、努力家になる」という文章がありました。
でも最近はそう思う反面、ことっち自身が質の良い睡眠が得られていない気がして、そろそろまとめて寝る方がよいのではないかとも思っていました。
そんなことを考えていた矢先、ちょうどmogumogukaitoさんの記事を読んだので、思い立ったが吉日!と実は23日から『ネンネトレーニング』を始めていました。

その方法とは・・・
[PR]
by umekintamarukiku | 2005-12-27 00:49 | 8ヶ月