ことっち☆にゃんこ道      (育児&ねこ日記)

2006年 03月 16日 ( 2 )

赤子軍団動物園参上 【11ヶ月12日】

今日はみんなで動物公園へ行きました。
ここはしばらく前からリニューアル工事をしていたのですが、新しくなった箇所は今まで以上に動物と身近に接することが出来るようになっていました。
無料なのにありがたいのぅ~。

鴨や白鳥にパンをあげたり↓
d0063506_22452678.jpg

バーバリーシープにピーナッツをあげたりして楽しみました↓
d0063506_22455912.jpg

d0063506_22462776.jpg

バーバリーはみんなおじいちゃんみたいなかおしてるねぇ
d0063506_2246576.jpg

一番ご機嫌だったのはSOUくん。かなりの動物好きのようです。かじり付いて見ております。
角がかっこいいねー

そして最後はきれいに咲いたピンクの桜の前で撮影会☆
d0063506_22475323.jpg

d0063506_22482727.jpg

なぜかめずらしく赤子達が長時間動かなかったので、母達は「キャー♪かわいーい♪♪」と興奮しながら写真を撮りまくりました。
今度はお弁当持って来たいなぁ。
[PR]
by umekintamarukiku | 2006-03-16 22:49 | 11ヶ月

こどもたち 【11ヶ月11日】

今日は最後のサムエル文庫へ行ってきました。
このサムエル文庫へ通い始めてから1年3ヶ月。
私の妊娠~育児ライフを支えてくれたのは、サムエル文庫と言っても過言ではありません。
そう思うのはやはりT子先生のおかげ。
T子先生には本当に心から感謝しています。

里帰りもせず、転勤先で出産した私のことを気遣い、出産した病院に毎日のようにお見舞いに来てくださったこと。
毎週毎週娘を抱き、娘の成長を共に喜んでくださったこと。
「あなただったら、新しい土地に行ってもまたたくさんの方々と仲良くなれるわよ。」と言っていただいたこと。
数々の思い出が胸をよぎります。

ことっちを産んで半年位までは、寝不足で外に出るのも辛い日もありました。
でも毎週水曜日、サムエル文庫に足を運んでT子先生の「あら~いらっしゃい。来てくださってありがとうね。」という柔らかな笑顔とかわいらしい声を聞く度に、私の心は癒されました。
先生から教えていただいたことは本当に数え切れません。
まだまだ一緒にいて、もっと色んなことを学びたかった。
出逢いは別れの始まりとわかっていても、やはり寂しくてなりません。。。

・・・でもこれが最後の別れじゃないですからね!
今度会った時にがっかりされないようがんばらなくちゃ!

今日は最後にT子先生から教えていただいた、先生のおすすめの詩をご紹介します。
d0063506_0413412.gif

 『こどもたち』  茨木のり子

こどもたちの視るものはいつも断片
それだけではなんの意味もなさない断片
たとえ視られても
おとなたちは安心している
なんにもわかりはしないさ あれだけじゃ


しかし
それら一つ一つとの出会いは
すばらしく新鮮なので
こどもたちは永く記憶にとどめている
よろこびであったもの 驚いたもの
神秘なもの 醜いものなどを


青春が嵐のようにどっと襲ってくると
こどもたちはなぎ倒されながら
ふいにすべての記憶を紡ぎはじめる
かれらはかれらのコブラン織を織りはじめる


その時に
父や母 教師や祖国などが
海蛇や毒草 こわれた甕(かめ) ゆがんだ顔の
イメージで ちいさくかたどられるとしたら
それはやはり哀しいことではないのか


おとなたちにとって
ゆめゆめ油断のならないのは
なによりまず まわりを走るこどもたち
今はお菓子ばかりをねらいにかかっている
この栗鼠(りす)どもなのである
[PR]
by umekintamarukiku | 2006-03-16 00:43 | 11ヶ月